News

2013.05.23

「外れ馬券」が経費として認められるかどうかの注目判決

さきほど「外れ馬券」が経費として認められるかどうか注目される判決がありました。


この脱税事件は、市販の競馬予想ソフトを改良した独自のシステムを構築し、2007年からの3年で購入した馬券は計約28億7000万円、払戻金は約30億1000万円で、3年で約1億4000万円の利益を得ていました。


税務実務上では、競馬の所得は一時所得であり、払戻金から控除できる経費はあくまでも当たり馬券の購入費だけというのが常識です。


つまり、払戻金30億1000万円の経費は28億7000万円ではなく、あくまでも当たり馬券の購入費の約1億3000万円だけです。そうなると所得は28億8000万円となり、脱税額5億7000万円です。


3年間の収支は1億4000万円なのに、課税される所得は28億。。。5億の追徴課税は一生かけても払いきれないですね。


判決内容は、馬券の所得は一般的には一時所得であるが、今回のケースは多数、多額、機械的、網羅的に馬券を購入しており、雑所得に当たるとしています。ポイントは、無差別に一定の条件で網羅的に購入し、多額の利益を得ており、娯楽ではなく、資産運用の一種ととらえていたとして、外国為替証拠金取引(FX)などと同じ雑所得に分類しました。


その結果、外れ馬券のすべてが経費になると判断し、脱税額を5000万円に大幅に減額しました。


判決文を早く見たいですが、この判決内容は「う~ん」ですね。。。まず、娯楽なのか資産運用なのかは主観的なものであり、判断基準があいまいであること。システムで無差別で購入していると言っても、そのプログラムを改良したのは本人で、ある程度の条件設定しているわけだし、競馬場で馬券を購入するのと同じでしょう。


また、雑所得は、給与所得や事業所得などの9種類の所得のいずれにも当たらない所得をいい、つまり受け皿的な役割の所得区分です。資産運用だからと言って積極的に雑所得になるものではないわけです。


いずれにしても、今まで外れ馬券は捨てていましたが、これからは残しておいた方がいいですね!まぁ当たらないとただの紙くずですが。。。



元記事を読む...

戻る

検索

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30