News

2013.09.03

投資マンションの消費税還付は終焉? ほけんの窓口の前社長の事件を振り返る

不動産投資で1棟マンションを購入する方から消費税還付の相談がありました。


つい先日、ほけんの窓口の前社長が脱税と摘発を受けた内容ですね。。。


この事件はマスコミも大々的に取り上げたため、消費税還付自体が違法であるかの如き印象を持ってしまいます。相談者の方もまさにそうでした。



しかし、誤解してはならないのは、「消費税還付のスキーム自体が否認されたわけではない」という点です。


何が問題となったのかというと、消費税還付を受けるには「課税売上」を作り出さなければならないのですが、この「課税売上」を作りあげるところが架空と認定され、脱税になったのです!


では、前社長はどのようにして課税売上を作りあげたのかというと、中古車を販売したものとした売上と保険コンサルタント料の売上を計上したようです。


中古車販売は、おそらく購入時に名義を会社名義に変更し、そのあと売却するという当然の作業をしていなかったものと推測します。特に購入時の名義変更ですね!


保険コンサルタント料もコンサルの実態がない、立証できないものだったのでしょう。


今回の事件は、消費税還付について見せしめの部分が多大にあるのだと思います。不動産投資家も消費税還付に躊躇するでしょう。


繰り返しになりますが、消費税還付のスキーム自体が否認されたわけではありません。法律に則ったスキームですので否認できません。しかし、課税売上をどのように作るか、この部分で架空取引と厳しく突っ込まれるでしょう。


ただ、架空取引と認定されない絶対的な「課税売上」、自動販売機収入であったり、金地金であったり、そのあたりで対応すべきでしょう!




元記事を読む...

戻る

検索

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30