News

2013.09.04

≪最高裁判決≫非嫡出子の相続分について違憲判断

ついに非嫡出子の相続分について最高裁で違憲の判断がでました。


非嫡出子とは、結婚していない男女の間に生まれた子のことをいい、非嫡出子の相続分は嫡出子の半分とされてきました。今回、これが差別だということで争いになり、初めて違憲の判断が下されました。


私も以前に被相続人が認知した子がいる場合の相続税申告をしたことがありますが、意外と被相続人を最後まで介護していたのが非嫡出子の人だったりします。


婚姻に関する価値観も以前とは変わってきています。シングルマザー、代理出産、いろいろありますね。


確かに非嫡出子の相続分については明治時代から引き継がれてきたものなので、そろそろ時代錯誤でしょうか。




元記事を読む...

戻る

検索

営業カレンダー

2021年01月
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31