News

2013.11.19

確定申告を見据えた株式、FXの利益確定 ~平成26年から証券税制は増税

株式投資、FXしている方は、そろそろ今年の最終利益確定に向けた調整段階に入っていて、その相談件数も増えてきました。


まず株式投資については、今年の売却益に対する所得税、住民税は10%の軽減税率が適用されますが、来年以降の売却益は本則課税に戻り20%の税金となります。


アベノミクス効果でかなりの売却益をすでに上げている方もいますし、含み益をかかえている方もいます。


含み損のある株式があれば、年内にいったん売却して損失確定し、売却益と相殺するのも一つの手です。クロス取引で売却後すぐに買い戻しするのもいいかもしれません。


FXは、雑所得として申告分離課税となります。税率は株式投資のように10%課税ではなく、20%課税です。しかも、株式の譲渡損とFXの利益とは相殺できません。FXの損失と株式の譲渡益の相殺もできません。


株式投資もFXも投資という意味では同じ範疇のものなので利益と損失を相殺できてもいいようなものですが、所得区分が違うということで現時点では損益通算できません。


このようにFXの利益を消すには、雑所得の損失を作るか、事業所得、不動産所得で損失を作るしかありません。会社員の方で給与収入しかない人はなかなか難しいですね。。。



元記事を読む...

戻る

検索

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30