News

2013.12.16

換価分割で相続登記を単独名義にする方法

相続の遺産分割協議の相談がありました。


相続財産の中に不動産があり、それを売却し、売却代金から売却諸費用を差し引いて、手残りを法定相続分で割って相続します。いわゆる換価分割で、最近よくこの分割が出てきます。


相続人の中に海外に居住している方がいて、また遠方の相続人もいます。不動産の売却の手続きをしていく中で、相続人の一人が代表者となり、売買契約などをまとめて行いたいということになりました。


今回のポイントは、換価分割で、相続の不動産登記を単独名義にできるかです。


通常、換価分割であれば、不動産登記を共有として相続人の名前を連ねますが、そうしてしまうと、売買契約の際に名義人である相続人全員の押印が必要になります。


そこで、換価分割でありながら単独名義の相続登記を入れられるかどうかですが、遺産分割協議書に換価分割の旨、相続登記は便宜上単独名義にする旨が入っていればOKとのこと!


単独名義にすることで、売買契約はその名義人のみが押印すれば成立できます。


なお、不動産の譲渡所得税の申告ですが、たとえ単独名義で相続登記しても、実質は共有での換価分割ですので、譲渡所得税の申告は各相続人がそれぞれ行わなければなりません。単独名義の方一人が税務申告するのではありませんのでご注意ください!



元記事を読む...

戻る

検索

2017年06月
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30